応募動機をしっかりまとめておこう

求人情報を見る時、企業の情報ばかりを見ないようにしましょう。自分がなぜその会社で働きたいと思ったのか、自分自身の動機も明確にしておかないといけません。その理由として、採用試験では学力面を見るものもありますが、企業は学力のみを重視して採用するわけではありません。

どんな業種であっても、そのジャンルを扱う企業はひとつではありません。数多くある会社の中から、なぜ自分たちの会社を選んだのか、それを面接時に問われることは珍しくありません。むしろ必ず聞かれると言っても過言ではないことなのです。問われた時に、何も答えを用意していないと「この会社でなくても良かった」という印象を抱かれかねません。そのような印象を持たれてしまうと、お世辞にも面接で有利になるとは言えないのです。

嘘の動機を考える必要はありませんが、なぜその会社を選んだのかなどの明確な答えは用意しておいた方がいいでしょう。例えば「企業理念に心を動かされた」「愛用している商品を作っている会社だから自分も携わりたかった」など、面接官を不快にさせない理由をしっかり考えておきましょう。逆に批判的なことを言ってしまうと、相手に不快感を与えてしまうので気をつけてください。


top ´|`

Menu